コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞敬親王 さだよししんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞敬親王 さだよししんのう

1776*-1841 江戸時代後期,邦頼(くにより)親王の王子。
安永4年12月10日生まれ。伏見宮家18代。後桃園天皇猶子。寛政9年親王となる。兵部(ひょうぶ)卿にすすんだ。天保(てんぽう)12年1月21日死去。67歳。歌集に「貞敬親王御詠草」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

貞敬親王の関連キーワード聖護院宮嘉言親王伏見宮邦家親王尊常法親王尊宝法親王成淳女王邦家親王合田錦園種子女王英子女王韶子女王梨本宮

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android