コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞辰親王 さだときしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞辰親王 さだときしんのう

874-929 平安時代前期-中期,清和天皇の皇子。
貞観(じょうがん)16年生まれ。母は女御藤原佳珠子(かずこ)。貞観17年親王。院宮(いんのみや)と称された。延長7年4月21日死去。56歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

貞辰親王の関連キーワードバーツラフ[1世]ワーツラフ聖公ハムダーン朝滋岳川人張彦遠投票時間繰り上げ無縁仏全国の待機児童御岳山と信仰アッヘン湖