コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財形貯蓄積立保険 ザイケイチョチクツミタテホケン

デジタル大辞泉の解説

ざいけいちょちく‐つみたてほけん【財形貯蓄積立保険】

財形貯蓄制度に基づき、勤労者の財産形成を支援するための保険の一つ。契約者は保険期間中、いつでも残高の全部または一部を引き出すことができるもので、保険期間中に事故などで死亡または重度後遺障害となった場合は、払い込み保険料累計額の5倍相当額が支払われる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

財形貯蓄積立保険の関連キーワード財産形成保険財形保険

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android