礼物(読み)れいもつ

精選版 日本国語大辞典「礼物」の解説

れい‐もつ【礼物】

〘名〙
① 謝礼の意を表わして贈る金銭・物品。
※漢書帝紀抄(1477‐1515)四「此刺に礼物をしるすぞ。銭なれば百二百とかくぞ」 〔福恵全書‐蒞任部・酬答書札〕

れい‐ぶつ【礼物】

〘名〙
① 典礼と文物。〔書経‐微子之命〕
② 祭祀の礼儀に用いる品物。〔詩経伝‐小雅・正月〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の礼物の言及

【礼銭】より

…一般的にはお礼のために金銭を送ることであるが,中世とりわけ室町・戦国期に盛んで,何らかの権利を与えられることの代償として,下から上へ差し上げるものを礼物(れいもつ),礼銭といった。朝廷,幕府などの官職,役職への補任や継目安堵(つぎめあんど)(将軍などの代替りに際して,家臣らが前代同様に所領を安堵してもらう),課役免除などの礼として出される場合が多く,公私混同の結果として賄賂が公然と利権化して行われたものともいえる。…

※「礼物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android