コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貨物駅 カモツエキ

大辞林 第三版の解説

かもつえき【貨物駅】

貨物だけを取り扱う鉄道の駅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貨物駅
かもつえき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の貨物駅の言及

【駅】より

… 日本の鉄道の駅間距離の平均は,都市内の地下鉄道で1km程度,都市内の通勤鉄道で1~2km程度,都市間を結ぶ鉄道で4km程度,新幹線で40km程度となっている。
[種類]
 JRの場合,1994年度現在で4683ある駅はその取り扱う輸送対象の種類によって一般駅(普通駅),旅客駅,貨物駅に分類される。(1)一般駅 旅客(旅客のみ,または旅客と荷物),貨物の両方を取り扱う駅。…

※「貨物駅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

貨物駅の関連キーワード名古屋市によるささしまライブ24再開発JR沼津駅周辺の鉄道高架事業W杯スタジアムの大阪誘致構想JR大阪駅北側の再開発沼津駅鉄道高架事業東京湾岸再開発計画グランフロント大阪うめきた2期区域複合ターミナルカーリターダーモーダルシフト梅田北ヤード東京都荒川区流通センター東海道本線駅(鉄道)宗谷本線越美北線集約輸送帰化植物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貨物駅の関連情報