真黒(読み)まっくろい

精選版 日本国語大辞典の解説

まっ‐くろ・い【真黒】

〘形口〙
① 純粋に黒い色である。純黒である。
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉瀬戸阪の草庵「真黒(マックロ)い龍田山の上に」
② 夢中である。いちずである。
※黄表紙・御存商売物(1782)中「『それはあんまりたんかじゃ』まっくろくなって腹をたつ」
③ 日焼け、雪焼けなどで、顔面や肌が非常に黒くなっている。
※海辺の光景(1959)〈安岡章太郎〉「まっくろく日に灼けた顔にウス笑ひをうかべたところは」
④ 前途に全く希望のない状態である。
※或る「小倉日記」伝(1952)〈松本清張〉七「忽ち希望は消え、真黒い絶望が襲ってくるのだった」

まっ‐くろ【真黒】

〘名〙 (形動)
① まったく黒いこと。非常に黒いこと。また、そのさま。
※義経記(室町中か)五「後よりその丈六尺許りなる法師の、極めて色黒かりけるが、装束もまっくろにぞしたりけるが」
② 非常に暗いこと。また、そのさま。
※杜詩続翠抄(1439頃)五「四方まっくろにふる雨を如此云」
③ わき目もふらずに夢中になること。いちずなこと。また、そのさま。
※太平記(14C後)三八「畠を直違に馬を真闇(マックロ)に馳懸て」
④ 日焼け、雪焼けなどで、顔面、肌が黒くなること。また、そのさま。
⑤ よごれて黒ずんでいること。また、そのさま。

ま‐くろ【真黒】

〘名〙 (形動) =まっくろ(真黒)
※今昔(1120頃か)二五「軍真黒に打散て四五町計に見え候つ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android