(読み)えき

精選版 日本国語大辞典の解説

えき【駅】

〘名〙
① 令制で、官道に設置された宿場。官人のために駅家(えきか)が人馬を継ぎ立て、宿舎、食料を供した。鎌倉以降衰え、代わって宿(しゅく)が発生した。うまや。うまつぎ。〔令義解(718)〕
② 鉄道の停車場。列車を停止させ、旅客、貨物を取り扱う場所。
※尋常小学読本(明治三六年)(1903)七「汽車が来る。駅(エキ)の名呼ぶ声。とびらのあく音」
[語誌]②について、明治のはじめには、「ステーション(ステンショ)」「停車場(ていしゃば・ていしゃじょう)」が①の旧来の駅と区別して使われたが、しだいに音節数の少ない「駅」が一般的になる。

うま‐や【駅】

〘名〙 (「馬屋」の意から) 令制で、中央政府と地方諸国の連絡のために、諸道に三〇里(現在の四里=約一六キロメートル)ごとに置かれた設備。駅馬を置き、財源として駅田が与えられ、それらの管理のために、駅長や駅子がいた。えき。
※書紀(720)天武元年六月(北野本訓)「隠(なばり)の郡(こほり)に到りて隠の駅家(ムマヤ)を焚く」
※枕(10C終)二四二「むまやは 梨原。望月のむまや」

むま‐や【駅】

〘名〙 ⇒うまや(駅)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えき【駅】

列車を止めて、乗客の乗降、貨物の積み降ろしをする所。停車場。
律令制で、官道に設けての使いのために人馬の継ぎかえや宿舎食糧などを提供した所。うまや。
[補説]明治初年に鉄道が敷かれた時は新橋ステーションといい、以後新橋停車場、新橋駅へと変わった。

うま‐や【駅/駅家】

律令制で、諸道の30里(約16キロ)ごとに置かれた施設。駅馬を置き、駅使食料・人馬を供する駅長駅子(えきし)がいた。財源として駅田が給与された。えき。→駅(えき)駅制

えき【駅〔驛〕】[漢字項目]

[音]エキ(漢) [訓]うまや
学習漢字]3年
宿場。馬継ぎ場。「駅逓駅伝駅路宿駅
電車・列車などの発着する所。「駅員駅長駅頭/各駅・着駅

はいま【駅/駅馬】

はゆま」の音変化。
筑紫の国より―に乗りて来(まうき)て言(まう)さく」〈皇極紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えき【駅】

古代,中世においては,交通制度の一つの形態である駅伝の制にもとづいて街道に置かれた人馬の乗継所をさす(駅伝制)。これに対し,現代の駅は,主として鉄道の営業線において,列車を停車させて旅客荷物貨物の取扱いを行う場所または施設をさす。本項では,この現代の駅について記述する。
定義
 普通鉄道構造規則(運輸省令)により,停車場とは,駅,操車場,信号場をいう,と定められており(停車場),駅とは列車を止めて旅客,貨物を取り扱うために設けられた場所,と定められている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【停車場】より

…停車場には,運転上必要なさまざまな業務機関として機関区,電車区,保線区,電気区などが配置される場合が多く,鉄道の輸送業務の基地とも称すべきものである。停車場をその業務内容によって,列車を停止させ旅客または貨物の取扱いを行う,もっぱら列車の組成または車両の入換えをする操車場,列車の行違い,待合せをするための施設で,旅客,貨物は扱わない信号場の3種に分類することもあるが,一般には駅のことを停車場という場合が多い。【古橋 正雄】。…

※「駅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android