コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貫入角礫岩 かんにゅうかくれきがんintrusion breccia

岩石学辞典の解説

貫入角礫岩

母岩が破砕されて貫入したマグマと混合され膠結作用で形成された角礫岩.角礫岩の露頭と境界は乱れており,貫入角礫岩は普通は円筒状の岩体または岩脈として産出する[Harker : 1908, Pitcher & Berger : 1972].貫入岩体が貫入する際に母岩との間に生じる角礫岩で,母岩およびすでに固化した貫入岩の一部が破壊されて角張った岩片からなる礫岩[片山ほか : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android