貴嬢(読み)キジョウ

デジタル大辞泉の解説

き‐じょう〔‐ヂヤウ〕【貴嬢】

[代]二人称の人代名詞。未婚女性である相手を敬っていう語。「貴嬢の御来訪を歓迎いたします」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きじょう【貴嬢】

二人称。未婚の女性を敬っていう語。 -の作品拝読いたしました

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐じょう ‥ヂャウ【貴嬢】

〘代名〙 対称。未婚女性に対する敬称。〔音訓新聞字引(1876)〕
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一二「僕も理論上の沙汰としては、貴(キヂャウ)に幾分歟(か)同意なれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android