コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴志弥右衛門 きし やえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貴志弥右衛門 きし-やえもん

1882-1936 明治-昭和時代前期の茶道家。
明治15年2月生まれ。大阪心斎橋の洋反物商。大正9年甲南高女が創立されると,教頭をつとめる。藪内流(やぶのうちりゅう)茶道をおさめ,11年京都妙心寺徳雲院を再興し,茶室聴雪居をもうける。昭和4年から雑誌「徳雲」を主宰。昭和11年11月7日死去。55歳。東京帝大卒。幼名は奈良二郎。号は泉松庵聴雪。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

貴志弥右衛門の関連キーワードマキノ雅広斎藤寅次郎清水宏[各個指定]工芸技術部門スペイン内戦山本嘉次郎バラングルートヘニー数学基礎論ソビエト連邦憲法

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone