コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

費用配分の法則 ひようはいぶんのほうそく

1件 の用語解説(費用配分の法則の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

費用配分の法則

資産に計上されている取得価額を、当期の費用と翌期以降の費用に分けることです。原価配分の法則とも呼ばれています。費用配分をする方法は二つあります。棚卸資産の場合には消費した量を基準に費用配分を行います。固定資産については、減価償却という方法で費用配分を行います。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

費用配分の法則の関連キーワード繰延資産帳簿価額取得原価簿価資産再評価純資産増価原価基準減価償却費の割増計上資産査定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone