コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀藤清右衛門 かとう せいえもん

2件 の用語解説(賀藤清右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀藤清右衛門 かとう-せいえもん

1768-1834 江戸時代後期の武士。
明和5年2月19日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。文化2年(1805)木山方吟味役となる。木山方の権限拡大など職制の改革をおこない,杉や松の植林を奨励して林政の基礎をきずいた。天保(てんぽう)5年3月24日死去。67歳。名は景林(かげしげ)。号は竹塢(ちくう)。著作に「木山方覚書」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

賀藤清右衛門

没年:天保5.3.24(1834.5.2)
生年:明和5.2.19(1768.4.6)
江戸後期,秋田藩の林政家。出羽国久保田城下(秋田市)に藩士賀藤八郎兵衛景親の嫡男として生まれる。諱は景林。文化2(1805)年38歳の時,御財用吟味役・木山方勤務兼帯となり,以来約30年間秋田藩林野行政に尽力した。木山方の権限を強化し,山守制度の改革,山林保護と植林の奨励など林制の充実に努めた。なかでも能代海岸に植樹した76万本余の松は砂防林となって飛砂防止に役立った。嗣子景琴が木山方吟味役となって彼の事業を継承し,秋田林業の基礎がつくられた。『木山方以来覚』など著書多数。<参考文献>鈴木一郎『賀藤景林父子伝』

(渡辺英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賀藤清右衛門の関連キーワード秋田城秋田城介佐竹義堅佐竹義純佐竹義忠佐竹義知佐竹義真佐竹義道子日小松船木靱負

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone