コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀鋳 がちゅうHe Zhu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賀鋳
がちゅう
He Zhu

[生]皇祐4(1052)
[没]宣和7(1125)
中国,北宋文学者。衛州汲 (河南省) の人。字,方回。号,慶湖遺老。みずからは呉王の後裔で,唐の賀知章もその先祖にあたると称した。不遇で地方の小官を転々とし,晩年は野に下った。詩,詞,文いずれもよくしたが,詞人として最も名があり,晩唐李商隠,温庭 筠の風を宗とし,艶麗と沈鬱とを兼ねそなえた詞風で,300首近い作品が残されている。特にその『青玉案詞』の「梅子黄時雨」の句が有名で,賀梅子と呼ばれた。詩集『慶湖遺老集』,詞集『東山寓声楽府』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

賀鋳の関連キーワードエドテック平等院東北・北海道での空襲被害世界遺産世界遺産范仲淹平等院末法思想平等院

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android