コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本主義の精神 しほんしゅぎのせいしんGeist des Kapitalismus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本主義の精神
しほんしゅぎのせいしん
Geist des Kapitalismus

M.ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』 Die protestantische Ethik und der Geist des Kapitalismus (1904~05) によって提起された問題。そこでは,近代ヨーロッパの資本主義がほかの社会から区別される諸特徴として,なぜヨーロッパで成立したかを主たる関心としている。そしてその関連を,禁欲的にひたすら利潤を追求する行為を人間の義務としてとらえるプロテスタンティズムエートスに求めた。このことにより,資本主義の発生史において,経済活動 (営利活動) に志向する一連の精神的態度が占めた意味の重要性を指摘した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

資本主義の精神の関連キーワードウェーバー(Max Weber)マックス ウェーバーL. ブレンターノイデオロギー道徳社会学宗教社会学安藤 英治山本 七平大塚 久雄カルバン経済史学大橋佐平経済倫理清教主義山本七平プロ倫予定論召命

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

資本主義の精神の関連情報