コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本的支出 しほんてきししゅつ

2件 の用語解説(資本的支出の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本的支出
しほんてきししゅつ

固定資産を新たに取得したり,増設や増築のための支出をいい,固定資産の原価を構成する。元来は 19世紀にイギリスで実施された複会計制度において,資本的資産の取得に要した支出を意味するものとして使われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

資本的支出

生産性の向上などのため、企業は施設や設置機械などの固定資産を修理・改良し、使用可能期間(耐用年数)を延ばしたり、価値を高めたりすることがある。税法上、その費用は固定資産の維持管理や原状回復するための修繕費とはみなされず、資産ごとの耐用年数に応じて分けて損金として計上しなければならない。

(2011-04-22 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

資本的支出の関連キーワード労働生産性内部経済日本生産性本部付加価値生産性移設練習台販売生産性スキャロン・プラン農業施設ダイナミックストレッチング

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

資本的支出の関連情報