コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本蓄積率 しほんちくせきりつcapital accumulation ratio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本蓄積率
しほんちくせきりつ
capital accumulation ratio

新たな資本の蓄積量の既存の資本に対する比率のこと。資本蓄積とは,近代経済学においては,資本形成と同義に用いられているが,マルクス経済学では,資本主義的生産によって生み出された剰余価値を再び資本に転化することをいう。通常,資本価額の評価額の算出は,財構成が多様であることから,資本蓄積率の計算は,特定時点の価格で実質化した資本の投資額と,特定時点の価格で実質化した資本ストックの価額との比率によって示される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

資本蓄積率の関連キーワード最適成長経路ロビンソン分配

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android