資本蓄積率(読み)しほんちくせきりつ(英語表記)capital accumulation ratio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本蓄積率
しほんちくせきりつ
capital accumulation ratio

新たな資本の蓄積量の既存の資本に対する比率のこと。資本蓄積とは,近代経済学においては,資本形成と同義に用いられているが,マルクス経済学では,資本主義的生産によって生み出された剰余価値を再び資本に転化することをいう。通常,資本価額の評価額の算出は,財構成が多様であることから,資本蓄積率の計算は,特定時点の価格で実質化した資本の投資額と,特定時点の価格で実質化した資本ストックの価額との比率によって示される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android