資産管理信託銀行(読み)しさんかんりしんたくぎんこう(英語表記)custodian

翻訳|custodian

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

資産管理信託銀行
しさんかんりしんたくぎんこう
custodian

企業や年金基金などの機関投資家から株式や債券などの有価証券を預かり、売買・決済などの管理を代行する金融機関。資産管理をカストディーcustodyとよび、資産管理信託銀行はカストディアンcustodianといわれる。外国証券投資や海外投資家の国内証券投資を対象とすることから、グローバル・カストディアンglobal custodianとよばれることもある。業務は有価証券の預かり保管、配当・売買・決済などの運用や運用結果の報告のほか、議決権の行使、会計や税務などの事務を請け負う。このため年金資産の運用状況を集約・分析し、委託元の年金基金に報告する業務も手がける。資産管理には巨大なコンピュータシステムが必要で、資産管理信託銀行は装置産業の性格をもち、定期的なシステム投資がかさむ特徴がある。

 1970年代のアメリカで、機関投資家の高利運用需要の増大や企業年金基金の対外証券投資解禁などを背景に生まれた。アメリカでは、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(資産規模約2800兆円)やステート・ストリート銀行(同約2460兆円)といった巨大な資産管理信託銀行が誕生している。日本では政府の規制緩和を受け、2001年(平成13)に都市銀行、信託銀行、生命保険会社などが共同出資で資産管理サービス信託銀行(みずほフィナンシャル系)、日本トラスティ・サービス信託銀行(三井住友トラスト系)、日本マスタートラスト信託銀行(三菱UFJフィナンシャル系)の3行を設立。3行体制が続いてきたが、2017年に資産管理サービス信託銀行と日本トラスティ・サービス信託銀行が統合することで合意し、2行体制へ集約される。信託財産は、資産管理サービス信託銀行と日本トラスティ・サービス信託銀行の統合機関が約405兆円、日本マスタートラスト信託銀行が約198兆円(2017年3月期)。

[矢野 武 2018年1月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例