コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賈充 かじゅう Jiǎ Chōng

1件 の用語解説(賈充の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かじゅう【賈充 Jiǎ Chōng】

217‐282
中国,西晋の貴族,大官。字は公閭。平陽郡襄陵(山西省襄陵県)の人。父の賈逵(かき)は魏の名臣。賈充は権臣司馬昭(晋文帝)の幕僚として手腕を発揮し,司馬氏一族の腹心となって魏晋革命に活躍した。また実務に明るく新律を制定するなどの功績があった。武帝も深く賈充にたよって侍中,尚書令などの重任をゆだね,呉平定作戦には総司令官に任じたが,西晋の貴族政治がそこにうかがわれる。その娘は皇太子妃(賈皇后)となり,つぎの恵帝時代に朝政を専断した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

賈充の関連キーワード郭象左思司馬炎祖逖陳寿杜預八王の乱潘岳皇甫謐大官

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone