幕僚(読み)ばくりょう

デジタル大辞泉の解説

ばく‐りょう〔‐レウ〕【幕僚】

帷幕(いばく)の属僚。君主・将軍などを補佐して、重要な計画に参加する幹部。
軍隊で、指揮官に直属して参謀事務に従事する者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ばくりょう【幕僚 staff】

軍隊で高級の指揮官を直接補佐する者をいう。補佐には指揮官の企図全般に関する分野と専門事項に関する分野がある。旧日本陸軍では参謀と副官,旧海軍ではこれに軍医長などもあわせて幕僚と呼び,〈高等統帥ノ職務ヲ補佐シ殊ニ国防及用兵ニ関スル職務ニ参画シ又軍隊練成ノ職務ヲ掌ル〉者を参謀とした。 幕僚は古代エジプトの軍隊に発生したといわれ,軍隊規模の拡大,戦場の広大化につれ軍隊の管理・維持,作戦面に補佐者を要するようになったことに起因している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ばくりょう【幕僚】

将軍・君主などの参謀。
軍隊で、司令部に直属し参謀事務に関与する将校。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばく‐りょう ‥レウ【幕僚】

〘名〙
帷幕(いばく)の属僚。また、君主、将軍、大将などを補佐して謀議にあずかるもの。〔広益熟字典(1874)〕
※柳北詩鈔(1894)三・秋懐十首「邏卒時々訊郷貫、幕僚往々列朝臣」 〔宋史‐顔伝〕
② 軍隊で、参謀事務に従事するもの。旧陸軍では、参謀と副官との呼称。旧海軍では、このほか軍医長、主計長、法務長などを含めたものを称した。〔戦時大本営条例(明治三六年)(1903)〕
③ 転じて、重要な計画に参加する部下。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉増税「君は堀君幕僚の一人ぢゃから必ず機密に参しておると想像して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の幕僚の言及

【譜表】より

…西洋音楽の記譜法体系において,ふつう音高を表示するために水平に引かれた数本の平行線を指す。歴史的には線の意味や数に応じてさまざまな種類があるが,17世紀以降今日に至るまで,5線譜表が最も一般的に使用されている。 5線譜表(5線譜)は基本的には五つの線と四つの間(かん)からなり,隣接する二つの線(間)は3度音程を表す。音符や休符はこれらの線上または線間に記されるが,5線の音域を上下に3度以上越える場合は,臨時に短い加線(かせん)が加えられる。…

※「幕僚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幕僚の関連情報