コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢憬 けんけい

1件 の用語解説(賢憬の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けんけい【賢憬】

714‐793(和銅7‐延暦12)
奈良末・平安初期の法相宗の学僧。賢璟とも書く。生年は一説に705年(慶雲2)。通称は尾張大僧都(そうず)。俗姓荒田井氏,尾張国の人。754年(天平勝宝6)鑑真の一行を河内国で迎え謁し,東大寺大仏殿の前で鑑真より受戒した。759年(天平宝字3)一切経4208巻を書写して唐招提寺に納め,780年(宝亀11)多度神宮寺の三重塔を建てる。784年(延暦3)大僧都となり,桓武天皇の遷都計画に際し,793年藤原小黒麻呂紀古佐美らとともに山背国葛野郡宇太野に新都の地を相した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

賢憬の関連キーワード和銅大田親王太遠建治河上真奴百済教仁賢璟坂本親王四比信紗奈良許知麻呂藤原曹子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone