コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢憬 けんけい

世界大百科事典 第2版の解説

けんけい【賢憬】

714‐793(和銅7‐延暦12)
奈良末・平安初期の法相宗の学僧。賢璟とも書く。生年は一説に705年(慶雲2)。通称は尾張大僧都(そうず)。俗姓荒田井氏,尾張国の人。754年(天平勝宝6)鑑真の一行を河内国で迎え謁し,東大寺大仏殿の前で鑑真より受戒した。759年(天平宝字3)一切経4208巻を書写して唐招提寺に納め,780年(宝亀11)多度神宮寺の三重塔を建てる。784年(延暦3)大僧都となり,桓武天皇の遷都計画に際し,793年藤原小黒麻呂紀古佐美らとともに山背国葛野郡宇太野に新都の地を相した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

賢憬の関連キーワードルースアーロンペアルース(Babe Ruth)イドリース1世イドリース朝大欽茂賢璟ピピン大伴安麻呂不法行為不法行為

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone