コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢璟 けんよう

3件 の用語解説(賢璟の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賢璟 けんよう

けんきょう

賢璟 けんけい

けんきょう

賢璟 けんきょう

714-793 奈良時代の僧。
和銅7年生まれ。興福寺の宣教に法相(ほっそう)をまなび,天平勝宝(てんぴょうしょうほう)7年鑑真(がんじん)から受戒。大和に室生(むろう)寺を創建し,宝亀(ほうき)11年伊勢(いせ)の多度神宮寺に三重塔を建立。桓武(かんむ)天皇の信任があつく,平安遷都のため地相をしらべた。延暦(えんりゃく)3年大僧都(だいそうず)。延暦12年11月8日死去。80歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。俗姓は荒田井。法名は賢憬ともかき,「けんけい」「けんよう」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

賢璟の関連キーワード和銅阿倍爾閇粟田必登大伴熊凝太遠建治巨勢子邑治四比信紗竹田王奈良許知麻呂三宅藤麻呂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone