コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈摩訶衍論 しゃくまかえんろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釈摩訶衍論
しゃくまかえんろん

大乗起信論』の注釈書。姚秦筏提摩多訳,10巻。龍樹の著作と伝えられるが,著作者については古来疑問視されており,結論は出ていない。おそらく7~8世紀の頃,中国か朝鮮で成立したものであろうと考えられている。日本では特に真言密教の学者によって研究された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃくまかえんろん【釈摩訶衍論】

大乗起信論」の注釈書。10巻。竜樹著、筏提摩多(ばっだいまた)訳とされるが、7~8世紀ごろ中国・朝鮮で成立したともいわれる。日本では真言宗で重要な書とした。釈論

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃくまかえんろん【釈摩訶衍論】

「大乗起信論」の注釈書。一〇巻。後秦の筏提摩多訳。竜樹著と伝えられるが、真偽未詳。日本では空海が着目し、真言宗で重視する。釈論。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

釈摩訶衍論の関連キーワード淡海三船道詮頼瑜空海聖憲順継信堅戒明本覚

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android