質に置く(読み)シチニオク

精選版 日本国語大辞典の解説

しち【質】 に=置(お)く[=入(い)れる]

① 財物を質としてあずける。
※宇津保(970‐999頃)吹上上「この節会に佩き給ふ御佩刀(はかし)をしちに置かん」
※都会の憂鬱(1923)〈佐藤春夫〉「もうこんなに温くなったのだからあのインバネスを質に入れて」
② 人質としてあずける。
※今昔(1120頃か)二九「然(さ)は此の子を質(しち)に置(おき)たらむ。此の子は我が身にも増(まさり)て思ふ者也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる