憂鬱(読み)ゆううつ

精選版 日本国語大辞典「憂鬱」の解説

ゆう‐うつ イウ‥【憂鬱・幽鬱・悒イフ鬱】

〘名〙 (形動)
① 気が晴れないこと。心配事があって心がふさぐこと。また、そのさま。
※童子問(1707)下「聊詠懐抒情、発其幽無聊之心」 〔管子‐内業〕
② (①から) いやな感じであることを軽く言う。昭和初期に流行した言い方。
※漫才読本(1936)〈横山エンタツ〉あきれた連中「アタシ、憂鬱(イウウツ)なの。黒川と喧嘩分れしちゃったの」
草木の深く茂ること。また、そのさま。〔儲光羲‐舟中別武金壇詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「憂鬱」の解説

ゆう‐うつ〔イウ‐|イフ‐〕【憂鬱/幽鬱/×悒鬱】

[名・形動]
気持ちがふさいで、晴れないこと。また、そのさま。「―な顔」「責任が重くて―になる」「―な雨空が続く」
草木が暗くなるほどに茂ること。また、そのさま。
「この樹だけは―な暗緑の葉色をあらためなかった」〈有島カインの末裔
[派生]ゆううつさ[名]
[類語]憂愁沈鬱メランコリー気鬱気塞ぎ鬱鬱陰鬱暗鬱鬱屈鬱結鬱気鬱悶鬱積抑鬱憂さ鬱陶しい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「憂鬱」の解説

【憂鬱】ゆう(いう)うつ

鬱結。〔管子、内業〕思索を生じ、慢易(まんい)は憂ひを生じ、暴傲は怨みを生じ、憂鬱はを生じ、疾困して乃ち死す。

字通「憂」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の憂鬱の言及

【メランコリー】より

…人間の基本的な感情の一種で,日本語でいえば〈憂鬱(ゆううつ)〉または〈悲哀〉にあたる。もとは古代ギリシア・ローマで医学用語として使われたのが始まりで,この伝統は二千数百年後の今日も精神医学の分野でなお受け継がれており,その限りでは〈鬱病〉というふうに意味がせばまる。…

※「憂鬱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android