コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財物 ザイブツ

大辞林 第三版の解説

ざいぶつ【財物】

金銭と物品。ざいもつ。
〘法〙 保護に値する価値または効用を有し、窃盗・強盗・詐欺・恐喝・横領などの犯罪の客体となる物。

ざいもつ【財物】

財宝。家財。ざいぶつ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

財物
ざいぶつ

財産的に価値を有する物。財産上の利益に対する概念。刑法上、財物は財産犯に共通する行為客体である(ただ、背任罪の客体に財物が含まれるかについては争いがある)。刑法上、「財物」の意義につき、有体性説と管理可能性説の大きな対立がある。前説によれば、財物は有体物に限られ、電気その他エネルギーのような無体物は含まれないと解されるが、後説によれば、たとえばメーターによる測定のように物理的に管理可能であれば、無体物でもよいと解されている(後説が通説・判例)。この点に関し、かつて、電気の盗用につき、電気が刑法第235条の窃盗罪にいう「財物」にあたるかが争われたが、同法第245条は「電気は財物とみなす」と定め、立法により解決した。ただ、電気以外のエネルギーが刑法上の財物に含まれるかについては、同条によって解決されないため、有体性説と管理可能性説の争いは、いまなお意義を有している。
 なお、財産犯における「財物」は、使用価値・交換価値を問わず財産的価値を有するものでなければならないが、価値のきわめて軽微な物については、もはや刑法的な保護に値しないから財物から除外すべきであろう。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

財物の関連キーワード対物賠償保険贓物・賍物器物損壊罪昏睡強盗罪土蔵破り質に取る質に置く理財家贓贖司貸証文毀棄罪財物罪奉加帳受寄物強盗罪奉加費散償ひ理財余財

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

財物の関連情報