コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

贄海の神事 ニエウミノシンジ

2件 の用語解説(贄海の神事の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にえうみ‐の‐しんじ〔にへうみ‐〕【×贄海の神事】

伊勢の皇大神宮で、月次祭(つきなみのまつり)行われる6月と12月の15日に、阿原木神崎で贄とする牡蠣(かき)・水松(みる)などを採取した神事。明治初年廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にえうみのしんじ【贄海の神事】

昔、伊勢神宮に供えるために、毎年6月と12月の15日、志摩国(今の三重県)阿原木神崎で、牡蠣かき・海松みるなどをとった神事。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

贄海の神事の関連キーワード皇大神宮月次祭官社月次講天照皇大神宮二所大神宮船代大神宮月次の祭三節の祭

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone