コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月次祭 つきなみのまつり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月次祭
つきなみのまつり

古代から毎年6月および 12月の 11日に神祇官で行われた祭りで,国家の安泰と天皇の長寿を祈る。伊勢神宮をはじめ,304座の大社祭神幣帛を奉る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

月次祭【つきなみのまつり】

天皇の福祉と国家の安寧を祈念した祭。古代から行われた朝廷年中行事で,毎年6月・12月の11日に朝廷が全国の官幣(かんぺい)大社304の祭神に幣帛(へいはく)を奉納した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つきなみのまつり【月次祭】

古くは神祇官で行われたまつり原義は月ごとのまつりであるが,令制では6月,12月の年2回としている。このとき《延喜式》巻十,十一所載の神社のうち,官幣の大社304座の神々に奉幣がなされた。《貞観儀式》などによればその後神今食(じんこんじき)を行った。伊勢の神宮の月次祭も,古来,6月と12月の年2回行われ,大祭である。10月の神嘗祭(かんなめのまつり)と合わせて三節祭(さんせつさい)とも三時祭(さんじさい)ともいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つきなみのまつり【月次祭】

陰暦6月と12月の11日に神祇官で行われた祭り。国家安泰と天皇の福運を祈る。本来は月ごとに行われるべき祭りであった。伊勢神宮その他の諸社でも行われたが一時衰微し、明治初期に復活した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月次祭
つきなみのまつり

神祇令(じんぎりょう)に規定する祭りで陰暦の6月と12月の二度、神祇(じんぎ)官にて行われた。名称の由来は不明。その儀は、神祇官に諸官人の参集を得て、幣(ぬさ)を案上に供えて中臣(なかとみ)氏が祝詞(のりと)を奏し、忌部(いんべ)氏が伊勢(いせ)神宮以下の諸社に頒幣(はんぺい)の儀を行った。ただし、直接に勅使が幣帛(へいはく)を供進するのは伊勢神宮に対してのみであった。その後、天皇が中和院に出御され、神今食(じんこんじき)を行った。国家および聖体の安泰と豊稔(ほうねん)の祈りが眼目である。中世の戦乱とそれに伴う皇室の式微により、伊勢神宮を例外として、すべて廃絶した。伊勢神宮では、神嘗(かんなめ)祭とこの二度の月次祭を三節祭(さんせつさい)と称し、もっとも重要な祭儀として行われてきた。一般の神社にあっては、月の1、15日などに、月ごとの報賽(ほうさい)のために行う祭りを月次祭といっている。[茂木貞純]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の月次祭の言及

【神今食】より

…〈じんごじき〉〈かむいまけ〉ともいう。上代より中世まで,毎年6月11日,12月11日の月次(つきなみ)祭班幣の夜,宮中神嘉殿において,天皇がみずから皇祖天照大神に神饌を供し,みずからも食する祭り。祭儀は新嘗祭(にいなめさい)と同様だが,神饌の数量は新嘗祭より少なく,後儀の豊明節会(とよのあかりのせちえ)はなかった。…

※「月次祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

月次祭の関連キーワード斎宮(伊勢神宮)四度の官幣贄海の神事離宮院跡官幣社太祝詞官社神職諸社福運

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android