コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月次の祭 ツキナミノマツリ

デジタル大辞泉の解説

つきなみ‐の‐まつり【月次の祭】

陰暦6月と12月の11日に、神祇官(じんぎかん)で行われていた神事伊勢神宮をはじめ304座の全国主要神社に幣帛(へいはく)を奉り、天皇の健康と国家の平安を祈る。もと月ごとに行われるべきものであったので「月なみ」の名があるが、半年ずつまとめて夏と冬の2季に催された。応仁の乱で一時中絶したが、明治5年(1872)復興され、第二次大戦前まで続いた。
一般の神社で毎月行われる定例の祭り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

月次の祭の関連キーワード月並・月次神祇官月並幣帛応仁へい

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android