加藤嘉(読み)かとう よし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤嘉 かとう-よし

1913-1988 昭和時代の俳優。
大正2年1月12日生まれ。昭和9年東京宝塚劇場,のち新築地劇団にはいる。戦後は民衆芸術劇場をへて40年文学座にうつる。映画「米」「砂の器」などに出演。58年「ふるさと」でモスクワ国際映画祭主演男優賞。昭和63年3月1日死去。75歳。東京出身。慶応義塾高等部中退。本名は嘉(ただし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加藤嘉の関連情報