赤ら引く(読み)アカラヒク

デジタル大辞泉の解説

あから‐ひく【赤ら引く】

[枕]
明るく照り映える意から「日」「朝」にかかる。
「―日も暮るるまで」〈・六一九〉
赤みを帯びる意から「色」「肌」にかかる。
「―肌も触れずて」〈・二三九九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あからひく【赤ら引く】

( 枕詞 )
赤く輝く意から、「日」「朝」にかかる。 「 -日も暮るるまで嘆けども/万葉集 619
赤みを帯びて美しい意から、「肌」にかかる。 「 -肌も触れずて寝たれども/万葉集 2399

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android