コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤初茸 アカハツタケ

デジタル大辞泉の解説

あか‐はつたけ【赤初×茸】

ハラタケ科のキノコ。別種ハツタケよりも紅がかった色で、質はもろく、傷口が緑色に変わる。食用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あかはつたけ【赤初茸】

ハラタケ目のキノコ。松林に産し、ハツタケに似る。傷つけると橙黄色の乳を出し、のち、緑変する。有毒のカラハツタケにも似る。食用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

赤初茸の関連キーワードアカモミタケ(赤樅茸)カラハツタケハラタケ目ハラタケ松林

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android