初茸(読み)ハツタケ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐たけ【初×茸】

ベニタケ科のキノコ。日本特産。初秋松林に生える。傘は中央のくぼんだ山形から漏斗状になり、淡赤褐色で表面に色の濃い同心円状の紋がある。傷ついた部分が緑青色に変わるので藍茸(あいたけ)ともいう。食用 秋》「―を山浅く狩りて戻りけり/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はつたけ【初茸】

担子菌類ハラタケ目のきのこ。初秋、松林に生える。茎は短く中空。傘は径4~17センチメートルで、中央部がくぼみ、十分開くと漏斗状になる。表面は淡赤褐色で濃色の環紋があり、ところどころに青藍色のしみがある。日本特産。食用。アイタケ。ロクショウハツ。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

初茸 (ハツタケ)

学名:Lactarius hatsudake
植物。ベニタケ科のキノコ,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はつ‐たけ【初茸】

〘名〙 (「はったけ」「はつだけ」とも) 担子菌類ベニタケ科のキノコ。日本特産で、夏から秋にかけ、アカマツ林内地上に発生する。全体は淡赤褐色、傷つけると青藍色に変わるため、普通は所々がしみになっていることが多い。傘は径三~一五センチメートルで濃色の環状紋があり、初め扁平、のち縁はやや下に巻くが中央がくぼみ、漏斗状になる。柄は中空で、太いがもろい。広く食用とされる。和名は、秋の早い時期に採れるところからという。あいたけ。あおはち。あおはつ。《季・秋》 〔日葡辞書(1603‐04)〕
※俳諧・芭蕉庵小文庫(1696)秋「初茸やまだ日数へぬ秋の露〈芭蕉〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初茸の関連情報