コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤埴安忠 あかばね やすただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤埴安忠 あかばね-やすただ

?-1629 織豊-江戸時代前期の医師。
大和(奈良県)宇陀(うだ)郡の土豪。松山城主福島高晴につかえる。のち辞して長崎で明(みん)(中国)の医師に金瘡(きんそう)(刀傷)の外科医術をまなび,赤埴流金瘡医の祖となる。寛永6年8月9日死去。通称は五右衛門

赤埴安忠 あかはに-やすただ

あかばね-やすただ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤埴安忠の関連キーワード明正天皇女歌舞伎エストニア立川市のごみ有料化女歌舞伎後楽園柴又帝釈天朱彝尊崇福寺湛海

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone