コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇陀 ウダ

4件 の用語解説(宇陀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うだ【宇陀】

奈良県北東部にある市。大和高原に位置し山林が豊か。平成18年(2006)1月、大宇陀町・菟田野(うたの)町・榛原町・室生村が合併して成立。人口3.4万(2010)。
奈良県北東地域の称。大和十郡(とごおり)の一。上代の菟田県(うだのあがた)・猛田県(たけだのあがた)にあたる。[歌枕]
「褻衣(けころも)を時片設(かたま)けて出でましし―の大野は思ほえむかも」〈・一九一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うだ【宇陀】

奈良県(大和国)の郡名。奈良盆地の南東に接し,ほとんどが山地。建国神話の舞台で,東は伊賀国に接し,西は桜井,南は吉野郡,北は山辺郡である。記紀によれば,神武天皇は熊野から八咫烏(やたがらす)に導かれて,菟田県(うだのあがた)に入ったという。ここには兄猾(えうかし),弟猾(おとうかし)の豪族がおり,兄猾は征され,弟猾は服したとされる。榛原町大字高塚小字八咫烏に八咫烏神社がある。また,国家的崇敬の対象たる聖地とされ,請雨の祭祀の地であった室生山(室生村大字室生)には8世紀に室生寺が建立された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うだ【宇陀】

奈良県東部、宇陀市・宇陀郡一帯の地名。大宇陀区一帯の丘陵地帯は「宇陀の(大)野」と呼ばれ、奈良遷都以前、朝廷の狩猟地だった。⦅歌枕⦆ 「けころもを時かたまけて出でましし-の大野は思ほえむかも/万葉集 191
奈良県北東部の市。農林業が中心。吉野葛くずを特産。大宇陀は旧城下町、榛原はいばらは伊勢街道の宿場町として発達。古い街並みが残り、歴史の古い神社も多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇陀
うだ

奈良県中東部。古代の宇陀郡は現在の宇陀市と宇陀郡の大部分を占め、「宇陀」は宇陀山地一帯をさすと考えられている。『古事記』神武(じんむ)天皇段に「其地より踏み穿(うか)ち越えて、宇陀に幸(い)でましき、故(かれ)、宇陀の穿(うかち)と曰(い)ふ」とあり、『万葉集』に「大和(やまと)の宇陀の真赤土(まはに)のさ丹(に)つかばそこもか人の我が言(こと)なさむ」とある。郡内には宇陀禁野(うだしめの)、肥伊(ひい)牧など皇室領の猟場があったといわれる。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇陀の関連キーワード奈良県奈良盆地大和川大和路葛下川葛城川奈良ビブレ今村勤三奥田良三大和∥倭

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇陀の関連情報