コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤尾好夫 あかお よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤尾好夫 あかお-よしお

1907-1985 昭和時代の出版人,放送事業家。
明治40年3月31日生まれ。昭和6年欧文社(現旺文社)を創立。翌年受験問題の通信添削をはじめ,雑誌「受験旬報」(のちの「蛍雪時代」)を創刊。戦後も英語の単語集(豆単)の刊行,ラジオ・テレビの受験講座などを手がけた。文化放送,日本教育テレビ(現テレビ朝日)両社の会長。昭和60年9月11日死去。78歳。山梨県出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。
【格言など】転んだら起きてまた歩けばいいじゃないか(「若人におくることば」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の赤尾好夫の言及

【受験参考書】より

…藤森の〈考へ方主義〉の影響下に書かれた,小野圭次郎《英文の解釈・考へ方と訳し方》(山海堂,1921)は,72年までに1050版,600万部を売ったという。赤尾好夫が日本で初めて通信添削形式による受験指導を始めたのは1932年のことであるが,赤尾好夫《英語基本単語熟語集》(旺文社,1942)も,〈豆単〉とよばれて受験生に歓迎された。1941年には,旺文社が受験雑誌《蛍雪時代》を創刊して,受験産業に君臨するようになる。…

※「赤尾好夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤尾好夫の関連キーワードセンチュリーミュージアム旺文社[株]旺文社(株)3月31日旺文社

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android