コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旺文社 おうぶんしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旺文社
おうぶんしゃ

受験生をおもな読者対象とする出版社。 1931年,欧文社の名で赤尾好夫が創立。 42年,旺文社と改称。同年受験雑誌『蛍雪時代』 (現在 KEISETSU) を創刊した。赤尾の考案で出した『赤尾の豆単』 (小型英単語辞典) がヒット商品となるなど受験参考書を中心に出版活動を続けていたが,近年では次第に学生,一般向けの出版物に手を伸ばしている。資本金4億 9750万円,従業員数 300名 (1995) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の旺文社の言及

【受験参考書】より

…藤森の〈考へ方主義〉の影響下に書かれた,小野圭次郎《英文の解釈・考へ方と訳し方》(山海堂,1921)は,72年までに1050版,600万部を売ったという。赤尾好夫が日本で初めて通信添削形式による受験指導を始めたのは1932年のことであるが,赤尾好夫《英語基本単語熟語集》(旺文社,1942)も,〈豆単〉とよばれて受験生に歓迎された。1941年には,旺文社が受験雑誌《蛍雪時代》を創刊して,受験産業に君臨するようになる。…

※「旺文社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

旺文社の関連キーワード武蔵野(国木田独歩の小説)センチュリーミュージアム渋江抽斎(森鴎外の小説)全国大学学部・学科案内号高野聖(泉鏡花の小説)わがひとに与ふる哀歌門(夏目漱石の小説)土(長塚節の小説)全国大学内容案内号全国大学受験年鑑イルクーツク物語金原亭 馬の助生れ出づる悩み赤い蝋燭と人魚出家とその弟子クオバディス銀河鉄道の夜牛肉と馬鈴薯コタンの口笛旺文社(株)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旺文社の関連情報