コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旺文社 おうぶんしゃ

1件 の用語解説(旺文社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旺文社
おうぶんしゃ

受験生をおもな読者対象とする出版社。 1931年,欧文社の名で赤尾好夫が創立。 42年,旺文社と改称。同年受験雑誌『蛍雪時代』 (現在 KEISETSU) を創刊した。赤尾の考案で出した『赤尾の豆単』 (小型英単語辞典) がヒット商品となるなど受験参考書を中心に出版活動を続けていたが,近年では次第に学生,一般向けの出版物に手を伸ばしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の旺文社の言及

【受験参考書】より

…藤森の〈考へ方主義〉の影響下に書かれた,小野圭次郎《英文の解釈・考へ方と訳し方》(山海堂,1921)は,72年までに1050版,600万部を売ったという。赤尾好夫が日本で初めて通信添削形式による受験指導を始めたのは1932年のことであるが,赤尾好夫《英語基本単語熟語集》(旺文社,1942)も,〈豆単〉とよばれて受験生に歓迎された。1941年には,旺文社が受験雑誌《蛍雪時代》を創刊して,受験産業に君臨するようになる。…

※「旺文社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

旺文社の関連キーワード大新聞小新聞三省堂クラスマガジン出版社別学NMPAマス・マガジン重内ハウベンストック・ラマティ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

旺文社の関連情報