コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤崎勇 あかさき いさむ

2件 の用語解説(赤崎勇の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤崎勇 あかさき-いさむ

1929- 昭和後期-平成時代の電子工学者。
昭和4年1月30日生まれ。松下電器産業(現・パナソニック)東京研究所基礎第4研究室長をへて,昭和56年名大教授。のち名城大教授。高品質の窒化ガリウムの半導体結晶を作り出し,世界にさきがけて青色発光ダイオード開発の基礎を築いた。平成13年朝日賞,14年藤原賞。16年文化功労者。21年京都賞。23年文化勲章。26年学士院恩賜賞。同年天野浩,中村修二とともにノーベル物理学賞を受賞。鹿児島県出身。京大卒。編著に「青色発光デバイスの魅力」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉の解説

あかさき‐いさむ【赤崎勇】

[1929~ ]工学者。鹿児島の生まれ。青色発光ダイオードに必要な、窒化(ちっか)ガリウムの結晶化技術を世界で初めて開発した。平成23年(2011)文化勲章受章。平成26年(2014)、天野浩中村修二とともにノーベル物理学賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤崎勇の関連キーワード電子工学アビオニクス伊賀健一板倉文忠大野英男榊裕之鈴木直樹高木昇矢川元基菅野卓雄

赤崎勇の関連情報