コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窒化 チッカ

デジタル大辞泉の解説

ちっ‐か〔‐クワ〕【窒化】

窒素と化合すること。特に、アンモニア中で加熱し、表面に窒化物をつくって硬化させること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

窒化【ちっか】

鋼材の表面だけを硬化させ,耐摩耗性などにすぐれた材料にする加工法。鋼材をアンモニアガスなど素を含む媒剤中で500℃程度に加熱し,表面部の窒素含有量を増加させることによって非常に硬い表面が生じる。
→関連項目表面硬化

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちっか【窒化 nitriding】

鋼材の表面に窒素を浸透拡散させることによって表面層だけを硬化させ,耐摩耗性,その他の性質がすぐれた材料にする表面硬化法。窒化は歯車,ピストンリング,機械の摺動部の部品などに行われるが,それらの鋼材は,窒素と親和力の強いアルミニウムクロムモリブデン,チタン,マンガンなどを含む合金鋼であり,とくに窒化鋼と呼ばれる。窒化は窒素源の種類により気体(ガス)窒化,液体窒化に大別される。 (1)気体(ガス)窒化法gas nitriding 被処理材を500~550℃のアンモニア気流中で20~100時間加熱保持すると,アンモニアが分解して発生期の窒素と水素を生じ,この窒素が鉄と化合してFe2N(ε),Fe4N(γ′)などの窒化物をつくり,窒化層を形成する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちっか【窒化】

窒素と、窒素より陽性の元素とが化合すること。
鋼をアンモニアまたは窒素で処理し、鋼の表面を硬化させる方法。鋼にわずかに含まれるアルミニウムやクロムが、窒化物になることによる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

窒化
ちっか

アルミニウムやクロムを約1%含有する鋼をアンモニアガス中で加熱(約500℃で50時間)すると、アンモニアが分解して、窒素原子が鋼の結晶中に侵入し、AlNやCrNのような窒化物を形成する。このとき、鋼の結晶内に大きなひずみが生じて著しく硬くなる。この現象を利用して、鋼材の表面層を硬化する処理を窒化法という。窒化法に適するように組成を調整した鋼が窒化用鋼である。ステンレス鋼や耐熱鋼もクロムを含有しているので、窒化を行うことができる。なお、鋼の表面硬化法のなかでもっとも普及しているのは浸炭法で、炭素原子を侵入させたのちに、急冷(焼入れ)することによって初めて硬くなる。これに対して窒化法では、急冷しなくても硬化するのが特徴である。溶融したシアン化ナトリウム中に鋼材を浸漬(しんし)して、浸炭と窒化の両方を同時に行い、急冷して硬化させる浸炭窒化法も現在盛んに利用されている。[西沢泰二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

窒化の関連キーワードエンジニアリングセラミックス窒化ガリウム系半導体レーザータンタル薄膜混成集積回路非酸化物系セラミックスセラミックころがり軸受イオンプレーティング二窒化三マグネシウムファインセラミックス非酸化物セラミックスシリコンナイトライドガリウムナイトライド超硬質セラミックスセラミックエンジンアジ化ナトリウムレーザー表面処理窒化マグネシウム高熱伝導性材料金属表面処理富士熱錬工業ナノチューブ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

窒化の関連情報