コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松太庾(読み)あかまつ たいゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松太庾 あかまつ-たいゆ

1709-1767 江戸時代中期の儒者。
宝永6年生まれ。赤松沙鴎(さおう)の子。はじめ父に,のち太宰(だざい)春台にまなぶ。130巻にもおよぶ論語,孝経などの注釈書「九経述」をあらわす。明和4年4月12日死去。59歳。江戸出身。名は弘。字(あざな)は毅甫。通称は良平。号は大庾ともかき,別号に赤草,述斎など。著作はほかに「赤草子」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android