コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孝経 こうきょうXiao-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孝経
こうきょう
Xiao-jing

十三経の一つ。孔子曾子について述べたのを曾子の門人が記録した書とされていたが,最近の研究によれば戦国時代の作とされている。1巻。儒教根本理念である孝について,徳たるゆえん,実践の具体的内容などを述べる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうきょう〔カウキヤウ〕【孝経】

中国の経書。1巻。中国古代の孝道について孔子曽子(そうし)が交わした問答を、曽子の門人が記述したものとされる。「古文孝経」と「今文孝経」の二つのテキストがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

孝経【こうきょう】

儒教経典の一つ。1巻。戦国末に成立。孔子曾子に孝道を説き聞かせる形をとり,天子,諸侯,大夫,士,庶人の孝を説いて,孝を徳の根本とする。《論語》とともに儒教倫理の普及に寄与した。
→関連項目古文

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうきょう【孝経 Xiào jīng】

孔子の弟子の曾子の作といい伝えられる儒家の古典のひとつ。《論語》とならんで五経につぐ地位があたえられた。孔子と曾子の対話の形式にかりて,天子から庶人にいたるまでの各階層それぞれの〈孝〉のありかたが説かれ,また〈孝〉の徳が〈天の経,地の義,民の行〉と天地人の三才をつらぬく原理として形而上化されている。〈孝〉は儒教倫理の中心であり,かつ《孝経》は短編でしかも《詩経》の引用を多くふくんでいて暗誦にたやすかったから,知識人家庭では《論語》とともに《孝経》を幼童の教育に用いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうきょう【孝経】

中国、十三経の一。一巻。編者未詳。戦国時代に成立か。孔子と弟子の曽子の問答の形で孝道について述べ、孝を最高道徳、治国の根本とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孝経
こうきょう

儒教の経書(けいしょ)の一つ。孝道を論じたもの。孔子(こうし)(孔丘)が門人曽子(そうし)(曽参(そうしん))に語り聞かせた形態で記してあるが、戦国時代末期、曽子学派の著したものと考えられる。その内容は、個人の道徳も天下国家の政治も孝を根本とし、孝こそ人と宇宙を一貫する原理であると説き、家族共同体の規範の優越する古代中国の社会政治制度に理論的根拠を与えた。テキストは、前漢以来今文(きんぶん)(18章)と古文(22章)の2種が伝えられ、章の立て方は相違するが、古文に閨門(けいもん)章の1章20余字が多いほかは、大旨に変わりはない。通行する注釈には、今文系では唐(とう)の玄宗(げんそう)の『御注孝経』、宋(そう)の刑(けいへい)の『孝経正義』、古文系では宋の朱子(朱熹(しゅき))の『孝経刊誤』、元(げん)の董鼎(とうてい)の『孝経大義』などがある。
 わが国への伝来は「十七条憲法」以前と推定され、「大宝令(たいほうりょう)」には大学の必修科目と定められている。江戸時代中期、中国本土ですでに失われていた『古文孝経』(前漢孔安国伝)と後漢の鄭玄(じょうげん)の注が校刊され、中国に逆輸入されるという快事もあった。[廣常人世]
『林秀一著『孝経学論集』(1976・明治書院) ▽林秀一著『孝経』(1979・明徳出版社・中国古典新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の孝経の言及

【孝】より

…礼のなかでも喪服(そうふく)の問題がとくにやかましくいわれ,郷党の指導者が〈父老〉の名でよばれ,天子が天下に孝の徳を教えるべく有徳の老人を〈三老・五更〉に選んで養老の礼を行い,夷狄の老人賤視の習俗が非文明とみなされたことなど,すべて広義の〈孝〉によって説明がつく。中国社会のさまざまの局面に浸透した〈孝〉をとくに強調したのは儒家であって,《孝経》は五経につぐ重要な地位を与えられた。《孝経》においては,天子から庶人にいたるまでの各階層それぞれの〈孝〉のありかたが説かれるとともに,〈孝〉は天地人の三才をつらぬく宇宙的原理にまで高められている。…

【全真教】より

…開宗の精神は《立教十五論》に示されており,打坐を修行法とし,性命を鍛錬し,神気を和暢(わちよう)させることの重要性を説いている。王重陽はまた,信徒に《道徳経》《清静経》《般若心経》《孝経》を読むことを勧め,儒仏道三教の一致を説いた。彼は晩年の7年間,山東地方を中心にして布教活動を行い,七宝会,金蓮会,三光会,玉華会,平等会の5会を結成し,いずれも三教の名を冠した。…

※「孝経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

孝経の関連キーワード身体髪膚これを父母に受くあえて毀傷せざるは孝の始めなり身体髪膚これを父母に受く,あえて毀傷せざるは孝の始なり君君たらずといえども臣臣たらざるべからず君君たらずとも臣臣たらざる可からず愛知県豊田市猿投町大城七経孟子考文読書鳴弦の儀慶長勅版本読書の博士後陽成天皇壁の中の書曽参・曾参奥村茶山斎藤鶴磯佚存叢書山本南陽吉田鵞湖船橋秀賢読書始め津阪東陽

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

孝経の関連情報