コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松小三郎 あかまつ こさぶろう

2件 の用語解説(赤松小三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松小三郎 あかまつ-こさぶろう

1831-1867 幕末の兵法家。
天保(てんぽう)2年4月4日生まれ。信濃(しなの)(長野県)上田藩士。内田五観(いつみ),勝海舟にまなび,長崎の海軍伝習所にはいる。京都で鹿児島藩士らに英国式歩兵術をおしえた。公武合体論を主張。帰藩直前の慶応3年9月3日暗殺された。37歳。本姓は芦田。名は友裕,惟敬。号は宇宙堂。訳書に「英国歩兵練法」「新銃射放論」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

赤松小三郎

没年:慶応3.9.3(1867.9.30)
生年:天保2.4.4(1831.5.15)
幕末の洋学者,兵法家。名は友裕。信州(長野県)上田藩士芦田勘兵衛の次男。18歳で江戸に出て蘭学を学び,帰藩後赤松弘の後嗣となる。安政2(1855)年再び江戸に遊学,勝海舟の塾で兵学を修得。次いで勝と長崎に赴き海軍伝習所で航海術を学ぶ。このころ英国兵書の翻訳を志し,慶応2(1866)年,『英国歩兵練法』の書名で出版,洋式兵法家として広くその名を知られるようになる。同年京都に出て家塾を開く一方,薩摩藩に招かれ同藩士に教授,薩摩を中心に多くの門人を得るに至る。藩命に接し上田への帰藩途上京都で暗殺された。その才が幕府側に利用されるのを惜しんだ薩摩藩士の仕業といわれる。人となり磊落不羈にして経綸の才があった。<参考文献>藤沢直枝編『赤松小三郎先生』

(犬塚孝明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤松小三郎の関連キーワード兵家洋学洋学所西洋学孫武洋学校小田又蔵高雲外高杉宮内布川弦吾

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone