コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松晴政 あかまつ はるまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松晴政 あかまつ-はるまさ

1495-1565 戦国時代の武将。
明応4年生まれ。赤松義村の長男。父が備前守護代浦上村宗(むらむね)に殺されたのち,名目上の守護として播磨(はりま)(兵庫県)置塩(おきしお)城にいたが,実権は村宗ににぎられていた。のち,村宗とたたかって父のあだを討った。永禄(えいろく)8年1月16日死去。71歳。初名は政村。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

赤松晴政の関連キーワード赤松義祐(2)赤松政村戦国時代享禄

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android