コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松晴政 あかまつ はるまさ

1件 の用語解説(赤松晴政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松晴政 あかまつ-はるまさ

1495-1565 戦国時代の武将。
明応4年生まれ。赤松義村の長男。父が備前守護代浦上村宗(むらむね)に殺されたのち,名目上の守護として播磨(はりま)(兵庫県)置塩(おきしお)城にいたが,実権は村宗ににぎられていた。のち,村宗とたたかって父のあだを討った。永禄(えいろく)8年1月16日死去。71歳。初名は政村。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

赤松晴政の関連キーワード激・戦国無双戦国無双KATANA戦国無双Chronicle夏草の賦河合宗在相良晴広島津忠兼(2)多久宗時彦部晴直細川政賢