コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松青竜軒 あかまつ せいりゅうけん

1件 の用語解説(赤松青竜軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松青竜軒 あかまつ-せいりゅうけん

?-? 江戸時代前期の講釈師。
播磨(はりま)(兵庫県)三木の郷士で,赤松則村の後裔(こうえい)という。元禄(げんろく)13年(1700)江戸堺町でよしず張りの小屋をかまえ,原昌元(しょうげん)を名のり軍談を講じた。講談師の元祖のひとり。本名は祐輔。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の赤松青竜軒の言及

【講談】より

…赤松を名のる講釈師が近世に多数あらわれたのは,かつて赤松則村(のりむら)や赤松満祐(みつすけ)など多くの猛将を出した赤松氏の末のものが〈太平記読み〉として先祖を称揚したものと思われる。1697年(元禄10)ごろに浪花の赤松梅竜と時を同じくして江戸の堺町によしず張りの講席を設け,原昌元と名のって軍談を講じ,《太平記》を読んで大いに名を挙げたのが赤松青竜軒である。彼は名和清左衛門(赤松清左衛門)とともに江戸の講釈師として著名であるが,もともと播州三木の郷士で,本名を赤松祐輔といい,伝記は不詳だが赤松一族であることはまちがいない。…

※「赤松青竜軒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤松青竜軒の関連キーワード空板講釈師釈師赤松梅竜石川一夢神田伯竜(初代)神田伯竜(2代)乾坤坊良斎名和清左衛門原栄宅

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone