赤橋久時(読み)あかはし ひさとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤橋久時 あかはし-ひさとき

1272-1307 鎌倉時代の武将。
文永9年生まれ。赤橋義宗(よしむね)の子。河内(かわち),摂津などの守護をつとめ,正応(しょうおう)6年六波羅(ろくはら)探題北方となる。のち評定衆,引付頭人(ひきつけとうにん)をへて嘉元(かげん)2年寄合衆兼官途奉行(かんとぶぎょう)。「新後撰和歌集」「玉葉和歌集」などに和歌がおさめられている。徳治(とくじ)2年11月28日死去。36歳。通称は陸奥彦三郎。法名は因憲。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

赤橋久時

没年:徳治2.11.28(1307.12.23)
生年:文永9(1272)
鎌倉後期の武将。赤橋流(赤橋と号した北条長時の子孫)の北条義宗の子。陸奥彦三郎と称した。弘安3(1280)年ごろには河内(大阪府),摂津(大阪府・兵庫県),信濃(長野県),紀伊(和歌山県),日向(宮崎県)の守護を兼ねる。正応1(1288)年右馬助,従五位下。永仁1(1293)年六波羅探題北方となって上洛。同3年越後守に任じ,同5年六波羅を辞して鎌倉に帰り,翌年鎌倉幕府の評定衆となった。正安3(1301)年一番引付頭。嘉元2(1304)年寄合衆(幕政会議である寄合の構成員)兼官途奉行となって幕政の中枢に参画し,武蔵守に任じたが,徳治2(1307)年3月出家,法名は因憲。

(新田英治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android