コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤石英 あかいし すぐる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤石英 あかいし-すぐる

1919-1999 昭和-平成時代の法医学者。
大正8年10月23日生まれ。昭和27年弘前大教授となり,41年東北大教授。微量の血痕から血液型を判定する方法を開発。また下山事件については死後轢断(れきだん)説を否定した。平成11年3月21日死去。79歳。岩手県出身。東北帝大卒。著作に「臨床医のための法医学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

赤石英の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))[各個指定]工芸技術部門コソボグリフィス石英岩ビダー牧野省三出版取次業小沢剛小渕恵三内閣

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android