コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤穂線

百科事典マイペディアの解説

赤穂線【あこうせん】

相生〜播州赤穂〜東岡山間のJR線。営業キロ57.4km。山陽本線の代行線的な役割をもつ。1962年全通。京阪神地方からの直通列車もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤穂線
あこうせん

西日本旅客鉄道の線路名称。相生(あいおい)(兵庫県)―伊部(いんべ)―東岡山(岡山県)間57.4キロメートル、全線単線、直流電化。山陽本線は相生―岡山間では地形的な理由で内陸部を通過しているが、赤穂線は海岸の険しい地形を貫いて、赤穂、備前(びぜん)(備前片上(かたかみ)駅)などの都市を結んでいる。列車の多くは山陽本線に乗り入れて、姫路(ひめじ)、岡山方面に直通運転される。1951~1962年(昭和26~37)日本国有鉄道線として開業、1961~1969年に電化された。この線の開業によって、有年(うね)―赤穂間を営業していた赤穂鉄道(1921年開業。762ミリメートル軌間)は、1951年廃止された。1987年、国鉄の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道に所属。[青木栄一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

赤穂線の関連キーワード丸山古墳〈岡山県〉岡山県岡山市東区西日本旅客鉄道朝鮮通信使遺跡岡山県瀬戸内市寒風古窯跡群大多羅寄宮跡岡山県備前市備前陶器窯跡大石良雄宅跡瀬戸内(市)瀬戸内[市]赤穂[市]JR西日本邑久[町]赤穂(市)長船[町]赤穂城跡門田貝塚瀬戸内市

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤穂線の関連情報