コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山陽本線 さんようほんせん

7件 の用語解説(山陽本線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山陽本線
さんようほんせん

瀬戸内海の北岸,山陽地方を通る幹線鉄道。神戸-下関-門司間 537.7km。神戸-下関間,兵庫-和田岬間が JR西日本,下関-門司間が JR九州に所属。山陽鉄道として発足し,1901年神戸-下関間が全線開通。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんよう‐ほんせん〔サンヤウ‐〕【山陽本線】

神戸から姫路を経て門司に至るJR線。沿線に岡山広島下関などの都市がある。京阪神地方北九州とを結ぶ。明治34年(1901)山陽鉄道によって下関まで開通。昭和17年(1942)関門トンネルの開通で門司に達した。全長512.7キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山陽本線【さんようほんせん】

神戸〜門司間ほか(支線2.7km)のJR線。営業キロ537.7km。山陽地方を縦貫する幹線鉄道で,山陽鉄道によって1901年神戸〜下関間全通,1906年国有化。
→関連項目岩徳線新幹線西日本旅客鉄道[株]広島[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

山陽本線

 神戸から下関を結ぶ鉄道で、1901年(明治34年)に全線開通しました。防府まで鉄道がつながったのは1898年(明治31年)のことで、そのときに三田尻駅が造られました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんようほんせん【山陽本線】

東海道本線神戸駅を起点とし,瀬戸内海沿いに西下,関門トンネルを抜けて鹿児島本線門司駅に至る534.4kmのJRの営業線。このうち下関~門司間6.3kmはJR九州,それ以外の528.1kmはJR西日本に属する。ほかに兵庫~和田岬間2.7kmの支線がある。おもな経由地は姫路,岡山,倉敷,広島,下関の各市である。山陽本線は,山陽鉄道会社により神戸側から建設が開始され,1888年12月に神戸~姫路間が開業,順次延長開業し,下関までの全通は1901年5月である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんようほんせん【山陽本線】

神戸・門司間の鉄道線。神戸・下関(528.1キロメートル)および兵庫・和田岬(2.7キロメートル)の JR 西日本、下関・門司(6.3キロメートル)の JR 九州からなる。山陽地方を縦貫し、東海道本線とともに、日本の主要な人口・産業の集中する地帯を結ぶ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山陽本線
さんようほんせん

近畿・中国地方の瀬戸内海沿岸を走る西日本旅客鉄道および九州旅客鉄道の線路名称。神戸―下関(しものせき)間528.1キロメートル(西日本旅客鉄道)と下関―門司(もじ)間6.3キロメートル(九州旅客鉄道)および兵庫―和田岬間2.7キロメートル(西日本旅客鉄道)。兵庫―和田岬間を除き複線(一部に3~5線区間がある)、全線電化(直流、門司駅構内のみ交流)。山陽地方を縦貫する幹線鉄道で、東海道本線と結んで日本の人口集中地区、工業地区である太平洋ベルト地帯を結んでいる。沿線には明石(あかし)、加古川(かこがわ)、姫路、相生(あいおい)、岡山、倉敷、笠岡(かさおか)、福山、尾道(おのみち)、三原(みはら)、東広島、広島、大竹、岩国、柳井(やない)、周南(しゅうなん)、防府(ほうふ)、宇部(うべ)、小野田(おのだ)、下関(しものせき)、北九州などの都市、瀬戸内海国立公園に属する観光地がある。神戸―馬関(ばかん)(現、下関)間は山陽鉄道によって1888~1901年(明治21~34)開業、1906年国有化された。第二次世界大戦中の1942年(昭和17)関門トンネルの開通によって、門司まで延長されている。電化は京阪神国電区間の一部として、神戸―西明石間が1934年および1944年に、関門トンネルの開通に際して幡生(はたぶ)―門司間が1942年と部分的に行われたが、幹線列車のための電化は1958~1969年(昭和33~44)に完成した。1972年に新大阪―岡山間、1975年に岡山―博多(はかた)間に新幹線が並行して開業して、都市間旅客輸送の機能は低下し、各都市を中心とする短距離輸送に主たる役割が移っている。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道、九州旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山陽本線の言及

【山陽新幹線】より

…新大阪~博多間645.0km(実距離553.7km)の新幹線。国鉄時代には正式の線路名称ではなく,山陽本線神戸~門司間などの増設線路として建設された経緯から,山陽新幹線とは旅客の案内等に用いられる通称であった。九州島内の区間も含めてJR西日本に属する。…

※「山陽本線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山陽本線の関連キーワード高徳線山陰本線総武本線東海道本線御殿場線南武線瀬戸内法デュオこうべさった峠瀬戸内地方

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山陽本線の関連情報