直通(読み)ちょくつう

精選版 日本国語大辞典「直通」の解説

ちょく‐つう【直通】

① 二つの地点間が直接に通じていること。乗物や電話などが、乗換えや中継なしに目的地や相手に通ずること。〔欧米印象記(1910)〕
※続百鬼園随筆(1934)〈内田百〉立腹帖「その頃、東京から下ノ関に直通する急行列車は、この時刻に出る第五列車一本しかなかった」
② 二つの物事が直接に通じ合うこと。
※「戦争と平和」論(1947)〈本多秋五〉三「途中の曇りを払って、その永遠の原基たる現実の実相に直通する」

すぐ‐どおり ‥どほり【直通】

〘名〙 立ち寄らないで通り過ぎること。まっすぐに通り過ぎること。すどおり。
※俳諧・小町踊(1665)春上「春風やかすみの関をすくとをり〈清等〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「直通」の解説

ちょく‐つう【直通】

[名](スル)直接に目的地や相手に通じること。「電話が直通する」「直通運転」
[類語]直行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android