コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤穂緞通 あこうだんつう

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

赤穂緞通[染織]
あこうだんつう

近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
赤穂市で製作されている。1849(嘉永2)年、児島なかが創始明治時代から大正時代にかけて隆盛を誇ったが、昭和になると一旦途絶えた。その後、1999(平成11)年に赤穂緞通を伝承する会が立ち上げられ、技術伝承の取り組みがおこなわれている。兵庫県伝統的工芸品。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

世界大百科事典内の赤穂緞通の言及

【絨毯】より

…材料には羊毛,綿,絹がある。大部分のパイル糸に羊毛が用いられているが,ペルシア絨毯の高級品のようにすべての材料が絹のもの,日本の鍋島緞通(だんつう)や赤穂緞通のようにすべて綿製のものもある。経糸やよこ糸には羊毛のほか,細く堅牢な綿もよく使われ,高級品には絹も用いる。…

※「赤穂緞通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤穂緞通の関連キーワード近畿地方赤穂市

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android