コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤色土壌 せきしょくどじょう red earth

1件 の用語解説(赤色土壌の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

赤色土壌

過剰でない適当な降雨を伴う熱帯地方で,草原地域に伴われる特徴のある土壌.これらは赤色で自由に排水が行われ,砕けやすく構造を持たないものが多い.深い部分では赤色,黄色,灰色などの雑色で,ある程度高い量の腐植を含んでいる.母材とは漸移する[Robinson : 1936, Ollier : 1969].熱帯および亜熱帯湿潤気候下に生成する赤色の土壌のうち,著しく脱珪酸作用が進んでいるために,可塑性に乏しく砕けやすい土壌をいう[木村ほか : 1973].tropical red earths, red loamは同義.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤色土壌の関連キーワード熱帯低気圧熱帯降雨観測衛星スコール節度暖波熱帯果実熱帯病熱帯林不適当体重過剰

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤色土壌の関連情報