コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤色土壌 せきしょくどじょうred earth

岩石学辞典の解説

赤色土壌

過剰でない適当な降雨を伴う熱帯地方で,草原地域に伴われる特徴のある土壌.これらは赤色で自由に排水が行われ,砕けやすく構造を持たないものが多い.深い部分では赤色,黄色,灰色などの雑色で,ある程度高い量の腐植を含んでいる.母材とは漸移する[Robinson : 1936, Ollier : 1969].熱帯および亜熱帯の湿潤気候下に生成する赤色の土壌のうち,著しく脱珪酸作用が進んでいるために,可塑性に乏しく砕けやすい土壌をいう[木村ほか : 1973].tropical red earths, red loamは同義.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

赤色土壌の関連キーワードコンポンチャムテラ・ロッサカメルーン赤色ロームテラロッサ赤色アースドミニカドリーネ酸化鉄高師原

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android